415円 ☆ オーガニックいちじく ひだまりドライ(120g)【MANGOS】 スイーツ・お菓子 ドライフルーツ イチジク ☆ オーガニックいちじく ひだまりドライ [並行輸入品] 120g MANGOS オーガニックいちじく,/japanese/products/history/urinalysis.html,スイーツ・お菓子 , ドライフルーツ , イチジク,ひだまりドライ(120g)【MANGOS】,punebef.com,☆,415円 ☆ オーガニックいちじく ひだまりドライ [並行輸入品] 120g MANGOS 415円 ☆ オーガニックいちじく ひだまりドライ(120g)【MANGOS】 スイーツ・お菓子 ドライフルーツ イチジク オーガニックいちじく,/japanese/products/history/urinalysis.html,スイーツ・お菓子 , ドライフルーツ , イチジク,ひだまりドライ(120g)【MANGOS】,punebef.com,☆,415円

☆ ファクトリーアウトレット オーガニックいちじく ひだまりドライ 並行輸入品 120g MANGOS

☆ オーガニックいちじく ひだまりドライ(120g)【MANGOS】

415円

☆ オーガニックいちじく ひだまりドライ(120g)【MANGOS】



■砂糖・添加物不使用、食物繊維豊富 ■2段熟成乾燥により、甘味が凝縮し、濃厚な味わい
■大粒で柔らかく、プチプチとした食感

商品詳細
商品番号os6208
原材料有機白いちじく(トルコ産)
内容量120g
賞味期限常温で1年半
販売元株式会社MANGOS
広告文責有限会社自然館 0957-22-8770

☆ オーガニックいちじく ひだまりドライ(120g)【MANGOS】

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

18. 今沢さんのことば

よりみち日記2
道草晴子
  • まなぶ
  • こころ
  • 思い出すこと
  • エッセイ

岡ノ谷研究室を作る

おかぽん先生青春記
岡ノ谷一夫
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

1.客、お客さん、お客様

お客さん物語
稲田俊輔
  • まなぶ
  • こころ
  • エッセイ

第9回 アメリカはなぜ「美しい国」なのか

ふしぎな中国語――日本語からその謎を解く
橋本陽介
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

13.結果オーライ!

マイ・フェア・ダディ! 介護未満の父に娘ができること
ジェーン・スー
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第6回 分断の終息、そして封印へ(最終回)

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

税込みと税抜き、どちらになさいますか?

村井さんちの生活
村井理子
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

なぜ親鸞は、人気なのか?

碧海寿広『考える親鸞 「私は間違っている」から始まる思想』試し読み
碧海寿広
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

第5回 風馬翔(後篇) この人生で、踊りを愛し抜きたい。……

私、元タカラジェンヌです。
早花まこ
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

第5回 風馬翔(前篇) 踊りは生き様――誰かの心を動かす……

私、元タカラジェンヌです。
早花まこ
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

27. カンボジアの若者のためになるならば……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
小谷みどり
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第5回 「襲撃すれば英雄になれる!」空気に支配された邦人……

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕

MAIL MAGAZINE

とは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥


ランキング

「考える人」から生まれた本